勤怠管理の「クラウド」って何?

subpage01

最近では高速インターネット通信の普及によってさまざまなことが可能になってきましたが、それによって勤怠管理の中で起きた変化となっているのが「クラウド」と呼ばれるタイプの誕生です。
ではこの勤怠管理のクラウドとは何なのかというと、簡単に言ってしまえばインターネットを使って勤怠管理をしようというソフトウェアのことになります。



これまでの勤怠管理はタイムカードにせよパソコンでの打刻にせよ、会社の中でシステムを動かして情報を入力していくことが必要になっていました。
これでも手書きで情報を管理するのに比べれば遥かに便利なのですが、この仕組みは本人が出社していなくては入力が出来ないという欠点を有しています。


しかしクラウドの場合はインターネットを使うことさえできればどのような場所にいても普段入力しているデータに追加をする形で勤怠情報を入力していくことが出来ますから、環境を問わず常にデータを更新できるのです。



またクラウドタイプはイメージとして、インターネットを使って別の業者が管理しているソフトを動かすといった状態になっています。

この状態であれば万が一システムに不具合が出た場合にもそのシステムを管理している業者に連絡すれば即座に対応してもらえるため、安定した勤怠管理が実現するのです。

教えて!gooに関する有益な情報が満載です。

最新のものになるとスマートフォンやICカードで作られた社員証を専用の機械にかざすことで自動で打刻をしてくれるようなシステムも出ていますから、情報管理の手間を省くということでは非常に大きな意味がある存在です。