相続に関する基礎知識

自分の親族が亡くなって相続が開始した時に、誰に相談をすればいいのかという事に関しては、様々な選択肢があります。

やはり真っ先に思い浮かぶのは弁護士でしょうし、贈与税の関係から税理士、登記の関係から司法書士、果ては行政書士などでしょう。

しかし基本的に相続税がかかるほどの資産を持っている人は、ごく少数といえます。

現状の法律であれば、「5000万+相続人の数×1000万円」以下の財産で有れば、相続税はかかりません。

ですからほとんどの人にとっては縁のない話です。


また行政書士は相続に関して特別な権限はありませんので、やはり依頼するなら法律の専門家である弁護士か司法書士がベストの選択といえます。



特に相続財産に不動産がある場合、名義の書き換えをする必要があります。



その場合は司法書士に依頼しなければなりません。

というのも、こうした不動産登記を代理できるのは司法書士の独占業務であって、例え弁護士であっても依頼を受けることはできないのです。



後で司法書士に依頼するぐらいなら、初めから司法書士に依頼した方が料金も節約できます。

また、行政書士のホームページ等では遺言書や遺産分割協議書を作成すると謳っていますが、これらの文書は行政書士でなくとも作成可能です。




特に遺言書に関しては、公証人役場に行けばタダで職員さんが教えてくれますから、直接役場に行く方がお金もかかりませんしおススメです。




やはり客観的に見ても相続には司法書士が一番適しているでしょう。

http://www.ehime-ankyou.or.jp/
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/g-law/
http://www.yokoben.or.jp/